ツケ。

こんにちは。

営業部の森本です。

今日の記事でスルガ銀行が2018年3月期決算に損失を計上する方針を明らかにしたとのことです。

内容としては、かの経営破綻を起こしたスマートデイズからシェアハウスを購入した所有者に、購入資金として合計1000億円規模の融資をしており、同会社の経営破綻で返済が厳しくなっている所有者が続出しているため、貸倒引当金を積み増すとのことです。

もちろん、このスマートデイズもかなり悪いですが、諸悪の根源はスマートデイズと協力して貸し出しを進めたスルガ銀行ではないかと騒がれており、まさに過剰な融資のツケが回ってきた形です。

購入者には金利引き下げや元本返済の猶予などある程度の救済はあるものの、シェアハウスの建物や土地の価値などを鑑みると、今後破綻していく方も多くなっていくと思います。

投資はあくまでも自己責任と言われますが、不動産投資はその金額が大きいだけに、購入先や物件の選定などは十分に考えたうえで進めてください。

GW。

おはようございます。

営業部の森本です。

早いものでもうGWに突入しましたね!

人によっては9連休と大型連休の楽しんでいる方もいらっしゃるかと思いますが、不動産市況の観点からみるとこの時期は一旦落ち着いた、お休みモードといった感じです。

3、4月の不動産シーズンが過ぎ去り、GW~夏にかけて全体的に落ち着いて、秋口である9月頃から再度活況になってくるというのが、およその流れになります。

しかし、それは一般的な自己居住などの不動産の話で、投資用不動産については以前盛り上がりを見せております!

去年のこの時期に比べると、不動産の価格も少し落ち着いて良い物件がどんどんと市場に出てきております。

弊社でも様々なニーズの物件を取り揃えておりますので、ぜひお問い合わせください!

民泊。

みなさん、こんにちは!

営業部の森本です。

またまた今日のネットニュースでこんなニュースを見ました。

「東京都内の一部セブン-イレブン店舗で、無人の民泊チェックイン機を6月15日から順次設置すると発表した。訪日外国人など民泊利用者は24時間いつでも本人認証と鍵の受け取りができる。」

6月から施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)では、民泊物件にオーナーが不在の場合、宿泊名簿の作成や本人確認などを対面か、対面と同等の手段で管理業者が代行する必要があるという規定がございまして、それをコンビニで代行することにより、負担を解消しまたより簡易に民泊業務に取り組めるようにすることが狙いだそうです。

これは、今まで横行してきた闇民泊問題への対応策にもなりそうですね。

今や東京、京都、大阪、福岡などの大都市だけではなく地方にもインバウンドの波が押し寄せてきており、ビジネスチャンスも広がってきております。

まだまだ手遅れではないので、これから民泊参入という方は要チェックですね!

 

3畳ワンルーム。

おはようございます。

営業部の森本です。

今朝、ネットを見ていると都心で『3畳ワンルーム』という超コンパクト物件が流行っているとのニュースがございました。

内容を見てみると古いアパートを見直して…という事ではなく、山手線に代表されるような首都圏の鉄道駅に近接しており、また新築・築浅で家賃が割安という3拍子を兼ね備えている物件が引く手あまたなのだそうです。

普通の考えではさすがに3畳というのは狭すぎるのではないかとも思ったのですが、今現在の都心は人口がかなり集中しており、特に東京の山手線周辺駅など家賃を見ると、とんでもない金額になっております。

そういう観点からみると築の新しいきれいな建物で家賃が安く、なおかつ利便性が良いとなると需要があるのも納得できる気がしますね。

今の時代、ひとつの形にこだわらず様々な形を模索していくというのが大事かもしれませんね!

 

春。

こんにちは!

営業部の森本です。

月日が経つのは早いもので都市アあけたかと思うともう4月になりましたね!

気温も温かくなり外出するお花見を始め、外出をする機会も増えたのではないでしょうか(^_^)

不動産市況で考えると春はまさに1年の中でもっとも盛況となる時期になります!

新生活を迎えた方々が、新居を求めて動かれる次期だからです。

弊社の所有、管理している物件でもこの3月、4月で入居率がかなり上昇しております!

購入面で考えると稼働率の上がった良質な物件を購入するチャンスですし、売却面で考えると稼働率を上げることによりより高値で売却できるチャンスでもあります!

弊社で買主様、売主様どちらにもご満足いただけるよう様々なニーズにご対応できる準備がございますので、気になられた方は是非弊社までご相談ください(^o^)/

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

営業部の森本です。

更新がかなり遅くなってしまい、大変申し訳ございません(^_^;)

本年度も皆様のお力になれるように、様々な議題でブログをUPしていきますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします<(_ _)>

2018年がスタートとしましたが、年が明けてかなり物件数が増えてきたように感じます。

また、金額や利回りも去年に比べると少し落ち着いてきた印象です。

逆にいうと年明けから信金、信組を始めかなり融資が締まってきており、それに影響されて価格なども少し落ち着いてきたのではと感じております。

今はまだ積極的に門戸を開いている融機関もありますが、今後は更に融資が締まっていき、買いたくてもなかなか融資が出ないというような市況になっていくのではと思います。

今は徐々に釣り合いが取れてきておますので、この半年~1年くらいが良い物件を購入するチャンスかと思います。

弊社では様々な物件情報をストックしておりますので、ご興味のある方は一度お問い合わせください。

 

今年もあと少し(*^_^*)

こんにちはPM事業部森です(*^_^*)

今年もあともう少しで終わりますね皆様はいかがお過ごしですか?毎年この時期なると1年早いな・・・と思います今年もあと少し元気出して頑張ります!

009 035 (2)

オノライトマンション改修工事協力会社の皆様寒い中ありがとうございましたおかげさまでめっちゃきれいになりました<(_ _)>

B302号室B402号室募集中です物件かなりきれいになりましたのでこの機会にぜひ<(_ _)>A301号室A401号室も来年1がつからリニューアル募集開始です(*^_^*)

大阪市ホテル事情。

営業部の森本です。

難波や梅田などの繁華街を歩いていると多くのホテルが建設されているのが見受けられます。

現在、大阪ではホテルの客室数がおよそ50,000室強あるといわれておりますが、2018年末頃までに新たに8,500室以上の建設が予定されているとのことです。

理由としてはインバウンド(訪日外国人)の増加で宿泊施設が不足している為です。

2018年以降もまだまだ増えそう勢いで、それに伴い大阪市内の中心地では土地が高騰し、中々一般の方が手を出せない状況です。

弊社ではその中でも、買主様ご紹介するための良い物件情報を常にストックしております。

ご興味のある方は営業部の森本までお問い合わせください。

空き家問題

企画課 小島です。

空き家問題がクローズアップされてしばらく経ちます。代執行で潰せるようになったときは盛り上がりましたよね。

高齢化で今後もどんどん空き家が増えますが、不動産(仲介)業者の内情をバラしてしまうと、ビジネスとして成立させにくいとういう問題がありました。物件価格の小さい空き家は手数料売上も小さいのみならず、調査等の手間と瑕疵リスクが大きいんですね。つまり費用対効果としては最悪の部類なので、業者は空き家を触りたがらず、結果として流通は滞っていました。空き家は相変わらず放置されていたわけです。

ということで、空き家をターゲットに物件価格の小さい案件に関しては仲介手数料が引き上げられる動きがありまして、現在パブコメ案件になっています。この程度で流通が促進されるかは甚だ疑問ではありますが。

そんなことよりデューデリを制度化したほうが良いのでは?と思ったりします。

 

皆さんは空き家、欲しいですか?

DIY好きなら楽しめそう?